« 都産貿にて | トップページ | いざとなると、なんとなくテつけるのが怖かったり。 »

2009年5月 7日 (木)

五月病まったくなし!

五月病まったくなし!
だって、普段から
会社行きたくなーい
と思ってる慢性疾患だもん。
別に五月に限ったコトぢゃないもん

この連休はひたすらブツ作りにはげむ。
まとまった時間ってのは貴重よ。
その隙間をこそこそ突きながら…。

5/2土
不動産屋さんに行き、またまた延々と契約書にサイン。
いったい何枚書けばヨイのか。
しかもまだ、こんだけハンコ捺してんのに、
これは土地の契約だけ。
上物の分は、まだこれから。
契約どころか、間取りもまだちゃんと決まってないていたらく。
エンドレスで、飽きてきたよ;;

5/3日
都産貿に行く。
浜松町の都立産業貿易センターでの合同イベ「都産祭」。
アイマスだのマクロスだの、色んなオンリーイベの合同共催。
この会場も、大昔はよく通ったもんだけど、
久しぶり過ぎて土地勘とゆーか、勝手がわからず。
ってゆーか、駐車場がないのには焦ったさ。

メカっ娘オンリー「マシンモード」で
みお姫サマをおっかけるのが目的。
相変わらずドカ受けで、
デザイン&製作担当の立場としては嬉しいかぎり。
特に他MSっ娘レイヤーからの評判がヨイのは、
男子ウケの何倍も
モチベーションにつながる。
おぱーいやおけーつの露出には頼らずにかわいく仕上げる
とゆーオイラのポリシーが
うまくヒットしてる証なので。

5/4月
レンタルDVD「パンズラビリンス」を見ながら、アルの脚に相変わらず四苦八苦する。
製作当初から難儀して、後回しにしてたパーツ。
とにかくカタチがウソ臭くて混乱する。
TV版と原作版のデザインが違うってゆーのは
よくあるハナシだけど、
原作でも巻ごと、コマごとに違う。
アニメ版でも、カットごとに違う。
フィギュアでも原型師ごとに解釈が違う。
一番アテになるハズの設定資料ですら、
面と線のつながりがむちゃくちゃ;;
もう、ココは「オイラ解釈」でいくしかないと悟り始める。
正確に再現しようにも、
モトが正確ぢゃないんぢゃ、しょーがない。

映画のほうは良作。
ドス黒いダークファンタジー。
「どんよりとした気分になるハッピーエンド」とゆーか。
こーしかできないんだろーけど、納得いかないとゆーか。
あまりメジャーぢゃないけど、
最近のハリポタから続く
猫も杓子もなファンタジーブームに
冷や水浴びせるオススメ作。

5/5火
永瀬先生が上京、ビッグサイトにいらっしゃってたらしい。
久しぶりにお会いしたいなあと出かける準備をしかけたものの、
日記を拝見すると、どうも関係者の皆さんと同行らしいので、
ジャマしちゃ悪いと思い、
残念ながら断念する。

代わりに、家でレンタルDVD「ダーウィンアワード」を見ながら、引き続き弟の脚をいじくり倒す。
光明が見えない。
とにかく納得いくカタチにならない。

映画のほうはオバカな理由で死んぢゃった人をめぐるコメディ。
シナリオ自体はどうってコトない凡作。
ただ、実際にあったマヌケ死(毎年「世界一オバカな死に方」をした人に授与されるダーウィン賞は実在)を
元ネタにしてるので、
「事実は小説より奇なり」を地で行ってるのが、
目のつけドコロの良さ。

5/6水
「300」を観ながら、またまた脚。

ペルシアの大軍勢に、国王率いるわずか300人で立ち向かうスパルタの戦士のお話。
たしか、ウォッチメンと同じ原作/監督なんぢゃなかったっけ?
絵的なカッコ良さと、漢燃えな鳥肌ストーリーの傑作。

その燃え燃えに触発されたのが良かったのか、
ヤケクソで、納得いかないママ、先行してた太モモと連結してみる。

と、

脚全体のシルエットの流れが突然見えてきた!

結局ヒザまわりのラインのつながりが、
あやふやなままだったコトが
カタチを捉えにくかった原因だったらしい。

ようやく突破した気がする。

例によって一晩おいて冷静になって、
それでもまだ、納得感がだいぢょぶなら、

型紙作業は、いよいよ終了。
本チャンのウレタン組み上げに入るコトに!

|

« 都産貿にて | トップページ | いざとなると、なんとなくテつけるのが怖かったり。 »

【制作日誌】アルフォンス・エルリックを作ったよ。の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月病まったくなし!:

« 都産貿にて | トップページ | いざとなると、なんとなくテつけるのが怖かったり。 »