« あまりのショックに-2kg | トップページ | プリンプリン物語 »

2009年7月23日 (木)

伝説はホントだった

映画業界では
「潜水艦モノにハズレなし」
ってゆー伝説(ジンクス?)があるらしーけど

昨日のBSの
「U-571(517だっけ?)」
オモロかったわ〜

「漢しか出てこないのは
キライ」とゆーオヨメ様はほっといて
一人で見たけど
ヨカッタよ〜

ヨカッタ過ぎて
作業のテ、止まっちゃったけどさあ。

肩パーツのコーティングの仕方にいまだに悩む。
シームレスは物理的に不可能なのは
充分に理解したので

その継ぎ目をいかに目立たせないようにもっていくか
に、プランをシフト。

ウレタンをクニクニいじっていたら
ちょっとだけ光明が見えてきたよーな…。

朝ご飯食べた後に量ったら-100g。
少しずつでヨイから
このまま減り続けてほし〜。

|

« あまりのショックに-2kg | トップページ | プリンプリン物語 »

【制作日誌】アルフォンス・エルリックを作ったよ。の巻」カテゴリの記事

コメント

 私は劇場まで観に行きました!
 暗号装置「エニグマ」の奪取とか、割に史実もからめてあるのが秀逸です。

 エンディングのカタリナ飛行艇には涙ですよ……!

 もともと使っていたガトー級を失い、ドイツ側のU潜に乗り換えるプロットも絶妙。

 この勢いで、妻夫木・香椎の「ローレライ」も行っちゃって下さい。(笑)

投稿: 永瀬晴隆 | 2009年7月23日 (木) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説はホントだった:

« あまりのショックに-2kg | トップページ | プリンプリン物語 »