« 着てみた | トップページ | どちらかと言えばサワー派だけど »

2009年8月26日 (水)

楽させてもらいやす

最近、思い立って、つけペンの練習を始めた。

毎日、原稿用紙半分くらいに、ただひたすら
カケアミとか長短カーブを
しゃっしゃしゃっしゃ
書いてる。

つくづくこーゆーのは
才能と馴れだなあと思う。

まあ、はじめて数日ぽっちで
目に見える上達ぶりが出るわけないんだけど

使いこなすのに数年かかるらしい、つけペン。

オイラが14歳くらいなら
まだしも

ヘタすると
コツつかむ前に死んぢゃうかも。

老い先みぢかいので
才能なさそーなら
そうそうにあきらめたほうがヨイのか?

世の中には
シャーペンやボールペンで
描いちゃうヒトもいるらしいけど
墨のクッキリ感と
線の強弱ってのは
つけペン特有のメリットとして
捨てがたいんだけどなあ。

とかなんとか別のコトやってるのも
月末の残業ウィークに入ってしまい
腰すえてブツ作業ができないから。

下面とフンドシ、(肩アーマーを支えるための)革ベルトは
オイラの残業中に
オヨメ様がココロをこめて
作ってくれてるので
完全におまかせ。

オイラがやらなきゃならないと思ってたチョークボックス。

「後半、錬成陣描かなくなったから、無くなったよ」
と、オヨメ様の指摘。

…そうだよ
アニメの設定資料、参考に作ってたから
気づかなかったけど。

て、コトは作んなくてもヨいのか?

と、すると
下半身はあと、ヒザ裏に当て布するだけで
完成?

うむ、チョークボックスいらんね。

|

« 着てみた | トップページ | どちらかと言えばサワー派だけど »

【制作日誌】アルフォンス・エルリックを作ったよ。の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽させてもらいやす:

« 着てみた | トップページ | どちらかと言えばサワー派だけど »