« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月26日 (火)

書道2段

今日のイマサラ映画は

ディカプリオの

「レヴェナント: 蘇えりし者」。

Img_8376

開拓時代

仲間に裏切られ見捨てられた

半死半生の主人公が

…って話。


撮るの大変だったんだろーなあ

って

画面からでも

過酷な撮影なの

ビシビシ伝わる映画。

…なんだけど


とにかく地味だよう。


「熊にやられて重傷で歩けない」

ってゆー

マイナススタートからの

たった一人のサバイバルを

淡々と続くから


ディカプリオが雪山を

ひたすら匍匐前進するだけの時間が

長い長い。


ただ

「地味」なのも「リアル描写」

だと思えば。


怪我に加えて

空腹と寒さ

先住民の追手に

崖や滝に落ちて

…と、まあ

よくこんなに危機また危機になるなあ。


ディカプリオが

泥まみれになってる間に


エリ(胸?)パーツ開始。


…と、言っても


ボール紙の仮組み。

そのまんま本材に

起こしちゃおー!

…ってのは

スイートだったな!


組み上げたアタマパーツとの

カネアイだと

全っ然ツジツマ

合わないでやんの。

泣いちゃう。


やっぱり1回

清書しないと

ダメかもしれない…トホホ。


スケジュール的に

今週はあんまり

アトリエに

こもれないので

その前に、ある程度

進めたいなあ


…って、がんばったけど

ゆーほど、あんまり

進められなかった

その辺の目測も

甘あま。


効率よく進めたいので

ココから先の工程を

図解してみたよ。

Img_8375

自分向けだから

じや絵の汚さはイイのよ。


なんだか

やたらと

しちメンドくさいけど


自分の理想の

シルエット・カタチを

再現するのに

他に

ヨイ方法が

思いつかない。

しかたなし。

| | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

まだ3分の1弱

作業しながら流し見の

今さら映画シリーズ。

今回は

「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」

Img_8372

「押井守の原点」とか

「一回は見といたほーがエエ」とか

ずっと言われてたので

どっかで履修しなきゃなー

…とは思ってたんだけど

何十年もずっと放置してたのを

いよいよやっつけるコトに。


久保板は

「何もかも

スッキリ解決ハッピーエンド」が

お好きな

ノーテンキニンゲンなので


この

モヤっとした

「結局どーなの?」的な終わり方は

「作品」としたら

こーゆー終わり方が完璧で正解だとは

思うけど

好みぢゃない

…ってのが

悩ましいところ。


でも

なるほど、たしかに。

この後の

「攻殻機動隊」とか

その先の

ハリウッドで影響受けまくった

「マトリックス」とかに

繋がる

「胡蝶の夢」テーマは

今はベタとゆーか

やりつくされた感あるけど

その「やりつくされた感」を

最初に作り出した原初だと思ったら

まあ、そりゃ当時斬新よね。


その辺とは別に

あたるとか面堂とかサクラ先生の

「どーせいっちゅーんじゃ」

みたいな

80〜90年代くらいのアニメとか

高橋留美子特有の

台詞まわしが

生理的に引っかかるタイプで


正直

これ観てなかったのも

「うる星やつら」自体を

避けてたからってのもあって


トータル

映画としては

絶対的に「良い作品」ではあるのは

確かなんだけど

久保板個人で「好き」かって言われると

うーん…ってなっちゃう。


テーマ的にもキャラクター的にも

老若男女だれにでも

オススメ…とは言えないけど

映画好き・アニメ好きは

古典として必修って言われるのは

判る気はするんだけど。


で、


角(耳?)を組み上げ。


ボール紙の下組みの時から

苦労するの

判ってたのよ。


パーツとして

左右に薄くなっちゃったので

ポリA10ミリ厚の

箱組みぢゃあ

かなりムリして曲げるコトに

なるだろーなあって。


削り出しと

どっちにしよーか

けっこうギリまで悩んだけど

それはそれで

体力勝負になるからなあ…。


結果的には

キチンと左右対称に仕上がったので

箱組みでヨカッタけどさ。


組み上がった耳(角?)を

アタマ本体にくっつけ

スキマを埋めて


やっとアタマ組み上がり。

Img_8371

強度的にもシルエット的にも

想定どーりに仕上がって

ヨカッタヨカッタ。


目や口なんかの

顔パーツ

やっつけちゃおーかと思ったけど


組み上がったばかりのパーツに

刃いれる

勇気まだ出ないので


胸(エリマキ?)パーツを

先に組むぞ!


ただのエリマキなんだから

ただ巻くだけでチョロいぜ、

…ってコトに、ならないのが

久保板造形の落とし穴。


また、時間かかりそーだわ…

| | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

割と淡々

今日の「今さら映画」は

去年の公開時

気になってたのに

タイミングなくて観れなかった

「ヴァチカンのエクソシスト」。

通称ヴァチクソ。

Img_8363

「エクソシスト」ってゆーと

有名な映画あるし

実話ベースとか言ってたから


ちゃんとした

ゴシックサスペンスホラー

みたいなのかな?


…って思ったら

全っ然ちゃう


シットリジンワリ

いやーんな怖さ

…は特にない

割とフツーの

悪魔ハンターちっくなヤツだったよ。


過去のトラウマとか

バディ感とか

面白そーなポイント

いっぱいあったけど


つまんなくはないし

オススメはするけど

大傑作とかぢゃないかも。


とかなんとか

言いながら。


ゆるキャラのアタマパーツ。


梁を組んだので

その間を壁で埋める作業。


一般的なゆるキャラ造りの

セオリーとは

多分違うんだろうけど

これが久保板流なんだぜ!


ちょうどイイのが

黒のポリA10mm厚しかない。


どーせ上から布生地かぶせるよーな

アイテムに

ライオンボード使うのはMOTTAINAI。

でも、ウレタンスポンジだと

自重を支えられない


10mm厚はちょっと硬いかなあ

ってのが不安だったけど

逆にそれくらいのほーが

丈夫になると言えなくもないかも

しれないよーな気がするっぽい。


ただ

面積とられるので

この間、仕入れたばっかりなのに

もう、なくなっちゃう。

Img_8355

壁つけると

ぐっとカタチが見えてくるな!


最終的なテクスチャも

黒色にするつもりなので

イメージ的にも

この時点でだいぶ近い。


これだけデカイと

貼り合わせもツジツマ合わなくなるモンだけど


だいぶしっかり

ボール紙で仮組みしたのが

効いてるのか

そんなに致命的な崩れはナイね。


まあそれでも

ズレたりスキマあいたりしちゃってるけど

若干よ若干。許容範囲。

どーせ上から布生地かぶせ(以下略)

ガリガリ、ヤスリかけても

丁寧な表面処理しなくてイイからラク!


次は

ツノ?耳?部の

梁に壁つける作業。


できあがったツノ?耳?部を

アタマにくっつけ

スキマを埋めれば

アタマパーツの土台は完了。

作業工程的にはその辺で

半分終わるかなって感じ。


エリマキ・胸パーツにいくか


顔面のデコレート(目や口)をやっつけるか。

| | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

業が卒っちゃう。

長男ちゃんを

塾に通わせる計画。


「バス代分、お小遣いアップ」

という条件なので、

バスで通ってる間は

得をしないというコトに

気づいてくれた長男ちゃん。


自転車を活用する決意。


2年生のお誕生日に買った

自転車だけど


本人がビビりなのと

この4年ほど

お友達の家や公園なんかに

出かけるコトができず

乗る機会も理由もなかったせいで


野ざらしの完全放置。

錆びてボロボロ。

引っ張り出したら

幸い使えそうでヨカッタ。


本人は

「買った当時に練習して

乗れるようになっている!」

と、言い張ってるし


実際

真っ直ぐ進む「だけ」なら

たしかに乗れてはいる。


けど

ひとこぎ目が踏み出せなかったり

低速でフラフラだったり

カーブ曲がれなくて直進に突っ込んだり

側壁から離れようとするあまり

道路のど真ん中だったり


良く言えば慎重派

悪く言えばビビりなので


それは

「乗れている」とは言わないのよ。長男ちゃん。


ぶっつけ本番

一人で自転車通塾させられないので


しょーがない。


体験入塾の期間

行き帰りに

オイラも付き添って

自転車で並走するコトに。


坂の上り下り

車の往来

信号の変わり目

家の前グルグル練習で回るのとは

違う実道路。


しかし

当初はパニくってた長男ちゃんも


三日四日と続け

塾以外の

カルチャーセンターや駅前のお出かけとか

機会見つけて乗ってるうちに


当初は曲がりきれずに壁に突っ込んでいた

Uターンも

小さい旋回径で

自慢げに回れるように。


「風が気持ちいいねえ」とか

「パパに合わせてゆっくり走ってやってる」とか

調子づき始めるほど。


自転車なんて「馴れ」なのよね。


オイラも

ずっと並走してるので

すっかり健康になっちゃったわ。


近所のコンビニとかのお使いが

一人でできるよーになったら

見守りも卒業かねえ。


そんな

長男ちゃんも

小学校卒業式。

来月から中学生ですってよ。


「親戚の子とゴーヤーは

見てない間に驚くほど育つ」

ってゆーけど


自分の子でも早いわ。

そりゃあオイラも

自転車で長男ちゃんに追い抜かれるほど

ヨボヨボになるぜ。

| | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

フェスティバルウォークの「最期」を見届けてきたよ

京葉線の終点駅「蘇我」は

大昔は

海っぺりの工場のススが

街に降り積もってた

なんて言われてたらしい

川崎製鉄の城下町。

(モチロン今はそんなことない)


そんな工場群と住宅地の間の

緩衝地帯に

サッカーチーム・ジェフ市原の

ホームスタジアムとか

ショッピングモールとか建てる

再開発計画だっのが

「ハーバーシティ蘇我」。


その一角に

シネコン中心の複合施設

「フェスティバルウォーク」が。


このフェスティバルウォークでは

ずいぶん前から

コスプレイベントが

定期的にやってた。


今でこそ池袋のアコスタとか

屋外・街中系イベントは

珍しくなくなったけど

割とそのテのハシリだったと思う。


海っぺりで

高層建築が少ないので

空に抜けるとか

建物が新しめだとか

割とロケーションもヨカッタけど


特徴的だったのは

実質「参加費タダ」だってコト。


参加費払うと

フェスティバルウォーク内の

ショップで使える

クーポン券が

参加費と同額分貰える。

ここで飲み食いすれば

実質「参加費タダ」。


元々

このフェスティバルウォークの

振興策として

企画されたイベントだっからって

事情らしいけど。


唯一

蘇我駅からだいぶ距離ある

ってゆー問題のぞけば

(東京駅からは一本だし

駅から無料シャトルバスは

出てるので

かつての晴海ターミナルなんかと

比べたら

全っ然ラクなハズなんだけどね)


割と

コスプレ界隈では

初心者さんから

ベテランまで

評判ヨカッタ会場だと思うのよ。


運営・主催さんも

ちゃんとしてて

個人的には

イイ印象・楽しかった想い出

しかないトコロ。


ただ残念ながら

まあ、はた目から見て

フェスティバルウォークっていう

「ハコモノ」が

完全失敗。


ヘンピ過ぎ。


当初は

コスプレショップとか

(コスプレイベントも

ココの企画だったっぽい)

ラジコンサーキットとか

ニッチでマニアックな店もあったけど

それで人たくさんは集まらない


映画見に来た人は

ついでに何処か寄るなら

もっと手前で大規模の

ショッピングモール行くし


温泉施設来た人は

飲み食い含めて

その中から出てこないしね。


同じ

「ハーバーシティ蘇我」エリアでも

Jリーグファンの行き帰りの

動線からは

真反対で遠く離れてるし


…誰も来ない。


なのでテナントも

ドンドン撤退とゆー

悪循環で


すっかり廃墟。


元々

テナントの協賛あっての

コスプレイベントだったので

ここで続ける意味も

続けられるだけの余地も

なくなっちゃったのかね…。


…ってコトで


とうとう

ここでのコスプレイベントも

最期ってコトに

なっちゃったっぽい。


オイラも版権コスで

いっぱいお世話になった

思い入れのある会場なので


せっかくなら

最期を見届けよーかな

って想いで

最終日に行ってみたよ。


以前と違って

お値段はアップしてたし

実質無料にもなってないけど

(協賛する

テナント自体が無いからね)


事前予約制の

更衣室チケットは

即完売。


現場もけっこう賑わってたので

同じ想いの人も多かったのかな。


ドーラー(美少女マスクの女装系)とか

ケモ(モフモフ毛皮の動物キャラ)とかの

かぶりもの着ぐるみ系が多いのも

ここの伝統。

最近はどこのコスイベントでも

女装やフルフェイス禁止か

当たり前になってきてるけど

ここはその辺の受け入れも

懐広かったからなあ。


会場が近いのと

自撮りしてほしかったので

ドラゴニュート のブツでは

初めて

おヨメ様(&子供達)同伴。


屋外の日光で

ちゃんと撮ってもらったのも

実は初めてだったり。

Img_8310

Img_8324

例によって1〜2時間ほどしか

居れなかったけど


ハコの廃れのせいだけで

良イベント無くなっちゃうのは

寂しいな

…ってゆー感慨。

| | コメント (0)

2024年3月 8日 (金)

盛り返しちゃうぞ!

やっと復調。


落ち込んだりもしたけど


色々考えると、やっぱり

今回の「失敗」は

もう、ただただ


久保板の慢心と甘え

だとしか

結論づけられぬ。


最近ずっと

ウケが良くて

ホメられまくりだったから

図にノってしまっていたよ!


謙虚さと精進と研鑽が

足りなかったんだぜ。


久保板

ホメられると

調子にのるタイプなのよね。

よくない。


オイラごとき

界隈ぢゃあ

素人に毛が生えた程度の

ド底辺。

世の中凄い人達だらけ。

久保板なんぞ

いてもいなくても

特に変わらない

末端中の末端

木っぱ中の木っぱ

凡オブ凡だってのを

自覚してなきゃイカンかった!


初心にかえって

基本

どこ行ってもお呼びでないぞ

歓迎されてないんだぞ

はしっこで

こそーっと

お邪魔させてもらって

おとなしくしてるんだぞ

ってのを

当たり前のデフォだと

思ってなきゃダメ!


ひたすらディープに

反省しろ!久保板!


とはいえ

今のオイラにできるのは

ただただ

なんだこいつ的

初見マイナススタートを

最中ブツで盛り上げて

多少なりとも貢献して

挽回するくらいしかないので


またコツコツ

造る。

他に能ないので。


ゆるキャラ用の

アタマを

ひたすら

プラ段で起こす作業。


寸法どーり

梁を貼り。


なんだか

プラ専用の接着剤

使ったほーが

ヨサそーな気もする。

接着が弱い。


でも

これだけ

わざわざ調達するのもなあ…。


まあ、あくまで

単に中から

シルエット維持するためだけの

梁で

これ自体で強度支える

コトにはならなさそうだから


いつもの

Gボンドとグルーで

なんとかゴマかしちゃうぞ。


耳から下まで

梁組み。

Img_8249_20240308171001

ここから

耳・頭頂部の

梁も組んでから

間の面部分を

渡してく感じ。


まだまだ

やりたいコトは

たくさんある。

こんなんでモタモタしてられぬ。

ちゃっちゃか進めて

週末中には

カタチにできるとイイな。


「転んだ君に興味はない

どう起き上がってくるかに興味がある。」

って

リンカーンも言ってるからな。


がんばる。

| | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »